ニューヨークでのホームページ制作から、サイト翻訳、プロモーションまで

[English]
ニューヨークのホームページ制作・翻訳企業 - ALLON(アロン) サービス- ホームページ作成、翻訳、プロモーション ホームページ作成に役立つデータ集- 在米日系アメリカ人、日本人観光客、アメリカ人のキーワード クライアント- 日米の国際企業 企業概要- 日本語・英語のネイティブスピーカー/ウェブプロフェッショナル お問合せ・お申込み- アドレス、電話番号、Eメールアドレス
ホームページ作成ならALLON(アロン)
 
ホームページ作成ならALLON(アロン)

Services

      ウェブコンサルティング

      ホームページデザイン

      オンラインプロモーション

      ホームページ翻訳

 

 

クライアントに負担をかけない、ALLONならではの効率的な手順

クライアント側(以下、御社)にしていただく作業は、コンテンツ提供と3回のチェックのみとなります。ポイントは以下の通りです。(実際にはALLONスタッフの質問に答える形で進めるで、ストレスなく作業を行って頂けます。)

コンテンツ提供―何のためにホームページを作るのかを考える
企業PRサイトを作る場合:企業のステークホルダー(利害関係者)に、最新情報とこれからの戦略やプランを伝えます。以前のWebサイトは、企業概要、沿革、事業内容などその企業のパンフレットをただホームページに置き換えたものがほとんどでした。しかし現在は、日々変化する「会社の今」を伝える重要なメディアとなっています。御社の顧客は誰か?従業員、株主、取引先は誰か?どんな情報を必要としているのか?をALLONのスタッフとともに考え、御社の提供するコンテンツをALLONのスタッフがホームページ用に最適化します。

マーケティングサイトを作る場合:顧客を創造し、維持する(マーケティング)活動をWeb上で効率的に行います。マーケティング理論で有名なものに「マーケティングの3C」と「マーケティングミックスの4P」というものがあります。「3C」は企業(Company)、消費者(Customer)、競合(Competitor)、という3つの視点で企業活動を整理し、「4P」は製品(Product)、価格(Price)、プロモーション(Promotion)、流通(Place)という4つの組み合わせで整理することです。言われてみれば当たり前ですが、これら「3C」と「4P」をALLONのスタッフと一緒に話し合い客観的に整理することで、御社の強み(Strength)と弱み(Weakness)、機会(Opportunity)と脅威(Threat)を洗い出し、御社の強みと機会に集中したコンテンツを作成します。


3回のチェックーサイト案チェック、デザインチェック、クオリティチェック
サイト案チェック:何のためにサイトを作るのかを整理し、御社の強みと機会に集中したコンテンツを作成したら、ALLONのディレクターから提出されるサイトマップ、画面案、見積もりをチェックします。「目的は達成しそうか?」「費用対効果は高そうか?」「予算内に収まっているか?」を確認し、御社の承認後、この時点で契約となります。

デザインチェック:画面案をもとに、ALLONのデザイナーが複数のデザイン案を作成します。その中から最も適切なものを選びます。ALLONのデザイナーは決して「何となくデザインする」ことはしません。サイトのコンセプトとターゲットユーザー、そして企業(製品)イメージを踏まえたうえで暖色系や寒色系など色使いを選択し、画像を作成します。御社はそこで提出されたデザイン案を「イメージに合っているか」「見やすいか」「好きかどうか」で選びます。御社の承認後、デザイン案をプログラマーに回し、プログラミングを開始します。

クオリティチェック:実際に使ってみて「使いやすいか」「変更はないか」をチェックします。ALLONのプログラマーによるプログラミングが終わると、御社が実際に使ってみてチェックすることによりイメージ、使いやすさ、など「今までに気付かなかったこと」を確認します。その後、ALLONのスタッフによる「誤字脱字はないか」「リンク切れはないか」「表記は統一されているか」など約30項目による3回クオリティチェックの後、納品となります。

 

 
HOME | SERVICES | RESOURCES | CASE STUDY | ABOUT US | CONTACT Site Policy
©2005 ALLON inc. All Rights Reserved.