ニューヨークでのホームページ制作から、サイト翻訳、プロモーションまで

[English]
ニューヨークのホームページ制作・翻訳企業 - ALLON(アロン) サービス- ホームページ作成、翻訳、プロモーション ホームページ作成に役立つデータ集- 在米日系アメリカ人、日本人観光客、アメリカ人のキーワード クライアント- 日米の国際企業 企業概要- 日本語・英語のネイティブスピーカー/ウェブプロフェッショナル お問合せ・お申込み- アドレス、電話番号、Eメールアドレス
  

Case Study

      Case Study

      ウェブサイト構築

      オンラインプロモーション

      翻訳

 

 

<せっかくウェブサイトを作ったのにアクセス数が上がらない!>

日系の商社であるL社は、日本から装飾品を輸入販売しています。お客さんのの評判も良く、リピーターも少しずつ増えています。店舗を持たずに効率良く全米に展開をするため、オンライン販売を中心にマーケティング展開していくことにしました。

早速オンラインショッピング機能を付けたウェブサイトを立ち上げ、マーケティングを開始しました。日本で作ったウェブサイトを英語化し、アメリカ人に見せると、「翻訳、デザイン共に非常に良くできている」と褒められました。これさえできれば、後はどんどん売っていくだけです。しかし、待てどもウェブサイトからの反応が全くありません。

L社は、どうすればいいのでしょうか?

世の中にはインターネット上に置いてあるだけで、全く仕事をしないウェブサイトがたくさんあります。これらのウェブサイトは、「看板」程度の役割しか果たさず、せいぜい訪れた人に会社の所在地と電話番号を伝える程度のことしかできないでしょう。

ソフトウェアや、情報商材などを売っているウェブサイトは、翻訳すれば、そのままアメリカ人マーケットに参入することができます。しかも、ダウンロードして使えるタイプのものを売っていれば、物理的な輸入・輸出の制限を考えることなく、自由に販売を行うことが可能となります。

それでは、そうしたものを訳せば、すぐにお客さんが来てくれるかというと、そんなことはありません。

英語ウェブサイトを作っても、ウェブマーケティングの知識にもとづいたサイト作りをしなければ、せっかく綺麗で、すばらしい英語を使ったウェブサイトを作っても、アメリカ人のお客さんに見てはもらえないのです。

多くのお客さんに、なぜ見てもらえないのか…それは、ウェブサイトが最大限の効力を発揮するための、ウェブ・マーケティング対策がなされていないからです。

アメリカのウェブ・マーケティング対策で必要な要素は、日本と似ていますが、アメリカはその複雑性と競争の激しさにおいて5年進んでします。このトレンドを理解しないことには、適切にアメリカのマーケットを攻略することはできないのです。以下に、アメリカ攻略に必要な3つの要素を挙げます。

<SEM>
SEMとは、Search Engine Marketingの略で、検索エンジンから顧客を獲得するための包括的なマーケティング手法のことを指します。以下、SEMにおいて必要な3つの要素です。

―ディレクトリ登録
  アメリカにおけるディレクトリ登録で欠かせないのが、Yahoo!です。Yahoo!への登録は、Business Express($299/Year)を利用するのが手っ取り早いでしょう。アメリカでも、最初に表示されるポータルページをYahoo!に設定している人が多く、未だにディレクトリから自分の欲しい情報をたどって見つける人も多いのです。 Yahoo!の他に、ディレクトリを行うべきリスティングとしては、Dmoz(Googleディレクトリ)などがあり有名ディレクトリに登録を行うことで、サイトへのアクセスを増やすことができます。また、メジャーなディレクトリからの被リンクを受けることで、自分のサイトのページランクを高めることができます。

―PPC広告
  PPC広告は、検索エンジンに用いられ、クリックごとに課金されるタイプの広告です。たとえば、検索エンジンにあるキーワードを打ち込むと、そのキーワードに関連した広告が検索結果の横に出てきたりしますよね?この広告が、PPC広告です。
  アメリカでも、日本と同じように、オーバーチュアとアドワーズが、頻繁に使われています。他にもSuperPages.comなどがあります。

―SEO
 SEOは、サーチエンジンであるキーワードが検索された時に、自サイトが上位に表示されるための、ウェブサイトの最適化のことです。SEOに成功するには、キーワード選定と競合他社のリサーチが欠かせません。
 キーワード選定は、「そのウェブサイトがどんな言葉で覚えられたいか」を決めることです。英語の場合には、すでに競争が激しくなっているため、同じようなキーワードでも、いろいろな組み合わせによってターゲットを絞り込んでいく必要があります。そのキーワードの組み合わせの中から、最も検索数の多く、反応率の高いものを選び、それに沿ってウェブサイトを組み立てることが重要です。
  競合他社のリサーチでは、同じようなキーワードを検索エンジンに入力した時に、どのような企業が検索結果として出てくるかを見て、それらの企業がどの程度ウェブマーケティングに成熟しているかを見て戦略を練ります。

<Email マーケティング>
 アメリカのEmailマーケティングのトレンドとして特徴的なのは、それぞれの企業が独自に発行するメールマガジンや、業界団体であるAssociationなどが発行する業界ニュースマガジンなどがあります。
  そのほかには配信代行を専門にしている業者もあり、比較的安価な値段で適切なターゲットにリーチすることが可能です。ただ、中には違法な方法でEメールを乱発する悪徳業者も存在するので慎重に選ぶ必要があります。
  近年では、スパムメールに対する取締りが厳しくなってきており、安易なメールの乱発は企業のブランド価値を下げ、売り上げを落とす結果につながることもあります。

<アフィリエイトマーケティング>
 アフィリエイトは、成功報酬型広告と呼ばれるもので、Emailマーケティングや、代理店型のウェブサイト、ブログに見られる販売形式です。Emailやウェブサイト上で、製品の紹介を行い、売れた場合にのみ、報酬が支払われるしくみになっています。
 一般的なアフィリエイトプログラムのアフィリエイトサービスプロバイダ(広告主と広告媒体となるウェブサイトの開設者とを取り持つ仲介業者、略称ASP)はバリューコマースやダブルクリックなどがが代表的です。

以上が、アメリカでのウェブマーケティングのほんの一例ですが、少なくとも、単純に「英語版ウェブサイトを作ればそれで売れるようになる」というわけではないことがおわかりいただけると思います。多くの企業は、上記のようなアメリカでの事情を考慮することなく、独自のやり方でアメリカに参入し、失敗しています。しかし、逆にきちんと内情を理解していれば、難しいアメリカ市場を攻略することが、より現実的になってくるのです。


Allon Inc.は、あなたのウェブサイトを翻訳するだけの会社ではありません。あなたの企業に裕福なアメリカ人顧客を連れてくるための全体的な戦略を立て、個別の戦術に落とし込んで実行する能力を持っています。翻訳に終わらない価値を提供できる理由は、専門のアメリカ人ウェブマーケティングスタッフを揃えているからです。

もし、あなたの企業がアメリカ市場に進出して停滞している、もしくはこれからアメリカ市場に進出しようとしているが、チャンスがあるかどうかわからない、という方は、今すぐご連絡ください。あなたのビジネスがアメリカ市場に適しているか、もしくはアメリカ市場に参入する際に気をつけなければならない点について、アドバイスをさしあげます。特にソフトウェアや、情報商材を売っているあなたは、翻訳をして、適切なマーケティングを行えば、物理的にアメリカに行かなくても、すぐに売上を上げられる可能性があります。

すぐにマーケティングプラン実行の依頼をしたい、と思う方は、今すぐ(646) 233-3015、もしくはinfo@allon.infoまでご連絡下さい。巨大な英語圏マーケットを獲得することで、皆様のビジネスが発展されることを心から願っております。

 

 
HOME | SERVICES | RESOURCES | CASE STUDY | ABOUT US | CONTACT Site Policy
©2005 ALLON inc. All Rigths Reserved.